マイセン 【松竹梅柴垣鳥文・455110】 兼用C/S・582:輸入洋食器店アイン  - 84eb1

2019-09-08

マイセン 【松竹梅柴垣鳥文・455110】 兼用C/S・582サイズ:200cc
素材:陶磁器
※モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合があります。
世界松竹梅美女

松竹梅 束になってかかっても 楊貴妃には負ける傾国の美貌。

初代柿右衛門は柴垣でなく 松竹梅太湖石鳥文を描いております。
色絵松竹梅鳥文輪花皿 柿右衛門 江戸時代前期(出光美術館)

ついに見つけました 柿右衛門様式 の柴垣松竹梅鳥文。25.02.2017.

柿右衛門様式 濁手赤絵柴垣松竹梅鳥文皿
『濁手』は柿右衛門様式の美しい赤絵に最も調和する素地で、初代柿右衛門の晩年に始まり 二代目柿右衛門の1670年代にその製法が完成したとされます。しかし江戸中期(1700年代)になると、内乱によって下火になっていた中国・景徳鎮磁器の輸出が再び本格化し、「柿右衛門様式」に変わり金・赤を多用した「金襴手様式」が色絵の主流となり 濁手は高度な技術を要し 高価なこともあって次第に廃れていきました。その後時代は明治、大正、昭和と移り、濁手の復興が待ち望まれる中、十二代柿右衛門(1878生〜1963没)はその子十三代柿右衛門(1906生〜1982没)とともに長い間途絶えていた濁手素地を復元させるため、柿右衛門家に伝わる『土合帳』等の古文書を基に試行錯誤を重ねます。そして1953(昭和28)年、ようやくこれに成功し、その技法は1955(昭和30)年3月、記録作成等の措置を講ずべき無形文化財に選択されました。
この作品は 今回精査しますとヘロルトの見た初期濁手の柿右衛門でなく 十二,十三代柿右衛門以後の若い作と思われます
。 ヘロルトが柿右衛門の太湖石を柿右衛門の柴垣に変えたものを 十五代柿右衛門が写したのがこの作品です。これ結構深い話なんですよ。もしご興味のある方は ともに勉強しませんか? 09.05.2017.

色絵松竹梅鳥文輪花皿 マイセン 18世紀。 色絵松竹梅鳥文輪花皿 柿右衛門 江戸時代前期(出光美術館) 柿右衛門ほどの人でも 本家中国の名声にあやかって 太湖石にしております。考えるに この原画を描いたころの柿右衛門は まだあまり有名ではなかったのでしょうか?

東京国立博物館蔵 濁手柿右衛門 大壺
これは 矢張り太湖石に中国人で完全な中国写しのシノワズリです。本家中国製に錯覚を期待したのか それとも本家中国を超えたの自負でしょうか? 多分これらを本に より柿右衛門らしく写したのが赤絵柴垣松竹梅鳥文皿ではないでしょうか?へロルトも 最初は 松竹梅太湖石鳥文の柿右衛門写しにしておりましたが 後により高値で売れる柿右衛門らしく 太湖石を柴垣に変えたようです。最初の柿右衛門写しは 少し力み過ぎて 花葉枝鳥も綿密に大きく 反って 本家中国にも大きな影響を与え 洗練の極みともてはやされた 余白の美が失われておりますが 流石は 天才へロルト 柴垣に変えた頃には 余白の美を取り戻しております。ヘロルトは 権力欲に取りつかれた守銭奴でしたが 確かに審美眼は 天才の名に恥じません。彼は 最初期から太湖石をシノワズリに分類しておりましたのでより柿右衛門らしく石を 垣に変えたのです。

簡単版(鳥や柴垣などが様式化されて簡単過ぎ) 代理店名 盆栽
初代柿右衛門は竹垣でなく 松竹梅太湖石鳥文を描いております。
へロルトも 最初は 松竹梅太湖石鳥文の柿右衛門写しにしておりましたが 後により高値で売れる柿右衛門らしく 太湖石を竹垣に変えたようです。
最初の柿右衛門写しは 少し力み過ぎて 花葉枝鳥も綿密に大きく 反って 本家中国にも大きな影響を与え 洗練の極みともてはやされた 余白の美が失われておりますが 流石は 天才へロルト 竹垣に変えた頃には 余白の美を取り戻しております。
ヘロルトは 権力欲に取りつかれた守銭奴でしたが 確かに審美眼は 天才の名に恥じません。
彼は 最初期から太湖石をシノワズリに分類しておりましたのでより柿右衛門らしく石を 垣に変えたのです。

ピカピカの 新品です。現品 即納

3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型 エンツゥィーステッドハンドル

ジャポネズリ 柿右衛門写し
ヘロルトは ウィーン・パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料や ベトガーの いがみ合う2人の高弟 ケーラーと シュテルツェルが合成した顔料に 自らも開発した顔料〔1723.4.30.秘密主義のケーラーは亡くなるのですが ヘロルトは 看病にかこつけて うまく臨終に立ち会い 彼の隠し金庫の鍵を盗み 顔料調合秘術書を 盗み写し 重要個所は 巧妙に破り盗り
(この悪行は 15年後に発覚するのですが すでに 宮廷画家として確固たる地位を 確立しており マイセン委員会でも手出しならず 不問に付されました)
自ら開発したマッフル窯で 柿右衛門に勝るとも劣らない 鮮やかな色彩の顔料16色を完成。〕を以って 彼独特のシノワズリを 確立していきました。
やがて アウグスト強襲王が 余白の美が美しいと 絶賛する柿右衛門(ヨーロッパにおいて高値を呼んだ)にも 臆せず挑んだ ヘロルトの 柿右衛門写しの出来栄えに 王は マイセンが 遂に 柿右衛門に並んだと ご満悦。王の満足するヘロルトの柿右衛門は マイセンの名声を 弥が上にも高めました。
時につれ ペインターたちは 余白の美・和風の作品を 生み出し 王達を楽しませました。

錬金術師-4
アウグストは ポーランド王を退位し 政情の落ち着いたドレスデンの  乙女の砦 ユングフェルンに 実験窯を新設し ベトガーを呼び戻しました。1707年9月のことでした。
それから半年を経ずして ベトガーは 磁器の主成分である磁土カオリンに 到達しました。
(景徳鎮近郊の高嶺山 中国発音カオリン山は 磁土で出来ている山で あったので 西洋でも磁土のことを カオリンと呼びます。この時のベトガーの磁器は カオリンと 雪花石膏アラバスターから成っており 東洋のカオリンと 白不子から成るものより 僅かに黄味がかっていました)。
西洋中が 数世紀 孜々として研究 待望した磁器の秘法は 今や若き錬金術師ベトガーの手中にありました。
1708年1月 遂に 錬金術師ベトガーは 黄金ならぬ白い黄金 本家東洋に さほど遜色のない白磁を 手に入れたのです。
この年の10月に ベトガーは 師とも 父とも仰ぐチルンハウスを 彼の看病も空しく なくしました。
悲しみから逃れるように より東洋の白磁を目指し 実験を続けました。ベトガーが 王への手紙に「中国に 勝るとも劣らぬ 白磁完成」を 認める事ができたのは 1709年3月の事でした。
(真の東洋の白磁完成は 雪花石膏媒溶剤から 長石・石英に至る1724年まで 待たねばなりませんでした。)
更にその後も  商品化に向けてベトガーの実験・ 研究は進み アルブレヒト城に マイセン工場が 1710年6月 秘密裏に設立され 輝かしきマイセンの誕生となった・・・・・・・

磁器の起源は 中国は後漢の頃 紀元1〜2世紀に 端を発します。
古磁器を経て 紀元6世紀 中国河北省で ほぼ今の磁器に 遜色なきものになり 11世紀宋代に至り 近くにカオリンシャンを擁する 景徳鎮が 1300度の高温で 美しい白磁を 完成しました。
13世紀 日本を 黄金の国 ジパングと呼んだ マルコポーロが 美しき海の寶貝 ポルツェラーナ(ポースレーンの語源。寶貝は 古代通貨でもありましたので 白い黄金にも通じました。)と 賞賛し イタリア・ヨーロッパに初めて紹介しました。
それまでにも アラブの玄関口であるイタリアには シルクロード経由で 先に入手していた アラブの王様から 自分の威光を 誇る 贈り物として 入ってきておりましたが 東洋からのものと 判明したのは マルコポーロによります。
この時 彼は 完品は高すぎて手が出ず 破片を 持ち来ったそうです。 ヨーロッパにおける 磁器の焼成は 16世紀の古きから アラビアと東洋の 玄関口であった ベネツィアで 先ず 試みられましたが 曇ったガラス球に終わりました。
同じ16世紀に フィレンツェ大公(富豪メディチ家)は 砂 ガラス水晶粉を 粘土と混ぜた見事な焼き物(軟質磁器)に成功するのですが やはり 東洋の秘法による白い黄金には とても及びませんでした。
その後も 欧州各地で 白い黄金の焼成が 試みられますが 総て 陶工達によるものでした。 
磁器のガラス質に 惑わされた彼らの せいぜい成功らしきものでも 随分 白い黄金には 見劣りのする 軟質磁器(ヴァンサンヌに続く セーヴルでも フリット軟質磁器)どまりでした。
一方  本家中国の景徳鎮で 14世紀には 磁器最後の姿 染付の完成を見ます。東洋では 千数百年の長きにわたる 多くの職人達の 勘と経験を 積み重ねた 結晶の賜物として 花開きました。
片や西洋では 憧れの白磁を 科学的に分析することで 錬金術師(中世における 科学者の呼称)ベトガーは わずか3〜5年で 1710年に完成させました。
ザクセン王国 宮廷科学顧問官 チルンハウス(彼とて 多くの陶工と変わらず 磁器のガラス質に惑わされ 軟質磁器の研究に 堕しておりました。化学的変成にこだわり 分析と 実験の王道により 白磁を極めたベトガーは やはり非凡の天才でした。)の 白磁研究の基礎に 助けられたとはいえ 西洋科学分析手法の 優越性は ベトガーへの個人的資質の賞賛のみにとどまらず 明治維新の日本でも 優れた西洋科学として 競って受け入れられました。
今や 日本をはじめ 東洋は 西洋を 凌駕せんばかりの 勢いです。
少し理屈っぽくなりましたが 磁器をめぐり 東洋と西洋の違いを 言ってみたかったのです。















ピカピカの 新品です。現品 即納

3人の天才ヨハンによる伝統の 復刻版
1)ヨハン・フリードリヒ・ベトガーによる ヨーロッパ 初の ポースレーン
2)ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト原画
3)ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 ノイエ・アウスシュニット型 エンツゥィーステッドハンドル

ジャポネズリ 柿右衛門写し





価格
160,000円 (税込 172,800 円) 送料別
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便