トスカーナ > トスカーナ その1 > カーゼ・バッセ:割田屋【わりでんや】 - f38b8

2019-06-05

トスカーナ・I.G.T.『ソルデーラ』[2009]カーゼ・バッセ

イタリアはもちろん、世界で最も偉大なワインを生み出す  『カーゼ・バッセ』

元従業員が、ワイン樽を破損、樽から流してしまうというショッキングな事件は、もう既に多くのワインラヴァーの客様はご存知の事と思います。

今回、無事であった
『カーゼ・バッセ』のジャンフランコ・ソルデーラさんの2009年が
正規輸入元ラシーヌさんより、蔵出しの申し分の無い素晴らしい状態で入荷致しました。

まさに極少、まさに貴重品です!

ソルデラのブルネロ協会脱退いたしました。
その為、2007年以降にリリースされるカーゼ・バッセ社のワインは
Brunello di Montalcino D.O.C.G.ではなくTOSCANA I.G.T.名義となります。

下記、ソルデラのブルネロ協会脱退メッセージです。

 ラシーヌ社に対するカーゼ・バッセ社からの連絡文章
(カーゼ・バッセ社ホームページと同文)


2013年3月22日 モンタルチーノ

2013年3月21日、昨年12月に私たちに降りかかった悲劇に関して、シエナで進展があった。裁判官が被告からの略式訴訟と、犯罪に関する公的機関からの要求を受理し、Andrea Di Gisi氏を有罪とする判決を下し、懲役4年の刑を言い渡した。

加えて、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ協同組合の代表であるファブリツィオ・ビンドッチ氏と重要会議のメンバーに、本日(3月22日)付で、撤回不能な脱退の意思を伝えたことをお知らせする。

2012年12月9日にお伝えしたような甚大な被害をこうむったあと、一定の販売中止期間があったが、それを経て、投機的な販売を防ぐという目的のもとに、今月末から私たちのワインのマーケットへの提供を再開するとアナウンスできることを私たちはうれしく思っている。

また、伝播している不正確な情報に対して明確な回答を出すためにも、そのときカンティーナにあった一部のワインが、被害を免れたことを正確にお伝えしたいと思う。

1、 すでにボトリングされていた2006年産のワインすべて。
2、 極少量ではあるが、2007、2008、2009、2010、2011、2012年産のワイン。
  販売は今後数年の間に行う予定。

最後に、私たち家族の「カーゼ・バッセが所有するサンジョヴェーゼの樹から収穫されたブドウのみを用いてワインをつくり続けていく」という、確固たる意志を宣言する。

ご一読、ありがとうございました。

ジャンフランコ・ソルデラ
   


注釈)これを受け、2007年以降にリリースされるカーゼ・バッセ社のワインは
Brunello di Montalcino D.O.C.G.ではなくTOSCANA I.G.T.名義となります。

1〜3日以内に発送予定です(月曜日除く)。
残りあと4個です
個数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便