【至高の逸品!紋屋井関・御寮織】特撰西陣袋帯 「能衣段絣紋」 単衣にも!:京都きもの市場 - 4ffc4

2019-07-05

【至高の逸品!紋屋井関・御寮織】
特撰西陣袋帯 
「能衣段絣紋」 単衣にも!
絹83%(金属糸風繊維17%) 長さ4.35m
紋屋井関謹製
◆最適な着用時期 袷(10月〜翌年5月)単衣6月9月

◆店長おすすめ着用年齢 お好みが合えば

◆着用シーン 茶席 観劇 お呼ばれ 藝術鑑賞 コンサート パーティー

◆あわせる着物 訪問着 色無地 付下 お召し

至高の逸品袋帯…
紋屋井関の「御寮織」、高雅に美しきひと品をご紹介いたします!


1200年前の平安京誕生以来、宮廷織物師たちによって育まれてきた西陣織。
その中でも特に、「紋屋井関」の名前で呼ばれていた「井関家」は、
西陣の紋織創始者を遠祖にもち、室町時代の末期に御寮織物司として
任命された六家のうちのひとつとして知られております。

御寮織物司は、
公家の高倉家・山科家の両家を通じて禁裏の装束や公家装束、
将軍・大名などの衣装を、江戸末期に至るまで織り続けました。
時代の流れにともなって「御寮織物司」という制度はなくなりましたが、
紋屋井関はその伝統を現代にも引き継いでおります。
禁裏装束の復元といった文化事業にも協力を惜しまないその姿勢は、
西陣織文化の守り神のような存在といっても過言ではありません。

歴史と伝統、実績に裏付けられた名門の匠による超逸品。

御寮織の価値を高める要素のひとつに素材の贅沢さがあります。
プラチナ、本焼金糸、本金糸、本金箔、銀箔など、
熟練した技術と厳しい眼をもつ工藝士によって作られ吟味された最高級の素材。
それらより確かな腕が生み出す逸品…
優れた技術と意匠の集大成が御寮織なのです。

櫛織(くしおり)の香色地に繊細な縦絣糸を用い、
赤香、柳鼠、黄朽葉のかすれ横段があらわされました。
そこに、さりげなくもしっかりとした存在感を放つ箔糸使いにて、
松皮菱に篭目菱、花菱つなぎなどのお柄があらわされてございます。

この存在感とこの風格…
しっかりとした織り味ながら手に取るとしなやかに軽い仕上がりなど、
見事なまでに、上質な帯の条件をすべて兼ね備えております。

帯地における櫛織の始まりは、
八代将軍・徳川吉宗が、紋屋井関に誂えさせたことによります。
経糸を波うたせ、そこにからまる細やかに裁断された箔糸。
【目に重厚感】がありつつも【手にはしなやかに軽く】、
抜群の締め心地の良さを感じさせてくれます。
まず他の西陣帯には見られない特別な織りあじ、
それこそが「御寮織」なのだと、お伝えしたく思います。
常に最高級のものを求められる方には、きっとご納得いただけましょう。

素材を吟味。
決して妥協せず、延々と受け継がれる織技術により丁寧に丁寧に創作された作品。
紋屋井関の袋帯は逸品中の逸品で、室町界隈でもほとんど流通いたしません。
一流の呉服店でしか通常お取り扱いのないお品ではございますが、
ご縁があって特別にこの場でご紹介させていただけることとなりました。

限られた場の限られた方にしか販売されることのないお品です。
ご存知の方でしたら、本当に驚かれるお値段かと思います。
現実的な価格で紋屋井関の袋帯をご紹介できる機会はなかなかございませんので、
お心に留められた方には、是非ともお手にとっていただきたく思います。

代々と受け継いでゆける、いえ受け継いでゆくべき至高のひと品を…
自信と責任をもっておすすめいたします。
末永く、大切にお役立ていただければ幸いです。
袋帯のお仕立てはこちら
(綿芯お仕立て) (絹芯お仕立て)
撥水加工をご要望の場合はこちら
(パールトーン加工 袋帯)
(ガード加工 袋帯)

[A1G136270OW]-[TP:桂]-[PS:中西彩]-[CH:田中郷]-[文責:竹中]-[0307018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

 
価格
268,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
発送日目安:A:通常(1日から3日後)
残りあと1点限りです
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く