BALL WATCH【ボール・ウォッチ】エンジニア・ハイドロカーボンブラックDLC自動巻き腕時計/スプリングロック耐震システム/並行輸入商品:加坪屋(かつぼや) - 3a42d

2019-09-12
カテゴリトップ>BALL【ボール・ウォッチ】
BALL WATCH【ボール・ウォッチ】エンジニア・ハイドロカーボンブラックDLC自動巻き腕時計/スプリングロック耐震システム/並行輸入商品
メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています。

BALL WATCHのよくあるお問い合わせ

在庫処分価格です。
若干の汚れや傷などはご了承お願い致します。

スイス製BALL WATCH【ボールウォッチ】を代表するシリーズのひとつ「ハイドロカーボン」シリーズ。軽くて丈夫なチタンケースにブラックDLC加工を施し耐傷性を強化!ベゼルにも傷に強いセラミックベゼルを採用。ムーヴメントは高精度のクロノメーター規格の自動巻きムーヴメントに、BALL WATCH独自の耐震システムであるスプリングロックを採用しています。
針とインデックスには35個の自発光マイクロガスライトを採用。ベゼル部分には夜光塗料を採用し、暗闇でもバッチリ時刻確認が可能です。

ハイドロカーボンの中では軽量で、正確な黒色を採用したBALL WATCHのハイドロカーボン・ブラック。超お買得な価格になっています。

裏ブタには、BALL WATCHがサポートしている
世界最強のフリー・ロッククライマー
アレックス・オノルド氏のレリーフが刻まれています。

■クロノメーター規格について
ニューシャテルに本部がある公式クロノメーター協会 【COSC】が、厳しい精度テストにパスした高精度なムーブメントに与える認定規格です。

認定されたムーブメントを搭載した時計の文字盤には 「CHRONOMETER」などと刻印が可能です。およそ15日間、5つの姿勢差と3つの温度差でムーヴメントの精度チェックが行われ日差においてマイナス4秒以内プラス6秒以内という基準をパスする必要があります。

スイス国内で生産される時計のうち、クロノメーター搭載の時計は僅か3%程度で非常に厳しい試験になります。


■スプリングロック耐震システム
時計の精度を低下させる原因にはさまざまなことが考えられますが、衝撃によって「ヒゲゼンマイ」の動きが不安定になることも原因の1つにあげられます。ボール ウォッチが開発した「スプリングロック」は、ヒゲゼンマイへの衝撃の影響を最大で66%緩和し、時計の精度を安定させる世界初の耐震装置です。

このスプリングロックは、一般ユーザーの方にはもしかしたら伝わりにくいシステムだと思います。
機械式時計の不具合の中で多いのが「衝撃」による不具合です。そして衝撃によって影響を受けやすい部分のひとつが「ヒゲゼンマイ」になります。
衝撃よってヒゲゼンマイが絡み時計が止まる、極端に進むようになる等の症状を激減させています。

衝撃が原因だと思う不具合が多く、それを少なくしたボールウォッチのこの技術は、時計を修理、販売している立場で見ると、かなり画期的な構造システムになっています。

生産国:スイス
スイス製自動巻きムーヴメント搭載
ETA社ムーヴメント搭載
スイスCOSC認定クロノメーター
耐震システム「スプリングロック」搭載
チタンケース
ブラックDLC加工
反射防止処理済サファイアクリスタル
ラバーバンド
両方向回転セラミックベゼル
35個のマイクロガスライト採用
300m防水
メーカー保証付き

ケース横幅 約42ミリ(リューズ含まない)
リューズを含むと約48ミリ
ケース厚さ 約13ミリ
バンド幅21ミリ

■在庫処分価格になります。
新品&未使用ですが、展示等の汚れや傷などは
ご了承お願い致します。


BALL WATCH【ボール・ウォッチ】
ハイドロカーボン・ブラック自動巻き
軽量なチタンケースにDLC加工を施し
スプリングロック耐震システムを採用。
そして、クロノメーター認定ムーヴメント搭載。

お買い得な在庫処分価格です!

加坪屋なら国内送料無料です!



▼アメリカ鉄道史に残るBALL【ボール】WATCH

ウェブスター・クレイ・ボール
ボール・ウォッチの創立者




ボール・ウォッチの広告



キプトンの悲劇



オハイオ州キプトン鉄道駅



1928年、雑誌広告。速い列車
アメリカン号の乗務員は全て
BALL。という内容の広告。




自発光のマイクロ・
ガスライト




1879年、ウェブスター・クレイ・ボール氏はクリーブランドにて時計、宝飾店を開業。
1883年に標準時が導入されてワシントンの海軍天文台によって時報が知らされる
ようになると、ボールはさっそくこの時報を利用して時刻を合わせて、クリーブランド
に正確な時刻をもたらしたのです。
また、「クロノメーター」を購入してショーウィンドウに飾った為、人々はボールの店先
で自分の時計の針を合わせ、「ボールの時間」は正確無比な時計の代名詞になった
のです。1891年、オハイオ州キプトンの湖岸鉄道で、速達郵便列車と機関車が衝突し
て、2名の機関士と9名の乗務員が犠牲となる大事故が発生。
機関士の時計が偶然4分間止まっていた事が原因だったのです。
この列車事故をきっかけに鉄道会社はボールに鉄道時計としての規格及び時計検査
システムの開発を要請しました。
ボールは鉄道時計検査システム「ボール・スタンダード」を考案。
鉄道時計の基準と規則を細かく決めて、全米の75%以上で採用され、
メキシコやカナダにまで普及していったのです。
アメリカ鉄道にかける夢
産業革命は18世紀半ばにイギリスで始まりました。しかし当初は原料や完成品を遠方
まで運ぶ手段がなかった為、その発展もごく一部に限られておりました。
鉄道は、もともと炭鉱から始まりました。フランジの付いた車輪を取り付けた荷車を
木や鉄のレールに乗せ、これを馬で引けば、悪路やぬかるみに手こずることもなく、
重い荷物を運ぶことが出来たからです。また、古くから炭鉱の揚水用に利用された
蒸気は、1800年を迎えるまでに蒸気機関へと発展し、動力源になりました。
この蒸気機関とフランジ付きの車輪を一体化して列車を作れば、人や物資の
輸送問題が解決できることを思いつき1840年代になると、鉄道は予想を遥かに超え
発展していったのです。鉄道が敷かれた場所には、至るところに蒸気機関を動力
とした工場が建設されて行き、蒸気機関車がレールを疾走するようになったのです。
鉄道は大量の人を輸送することを可能にして商業、工業など様々な分野で利便性を
もたらし、鉄道の活性化にもなりました。
1830年に設立されたパルティモア&オハイオ社によりアメリカでの旅客鉄道は幕を
開けました。旅客輸送が本格派すると鉄道員たちは、列車の運行に信頼性の高い
時計が必要になりました。
1893年以前は、鉄道用の標準時計は一切なく時計の表示機能についても規定が
まったくなかったのです。
機関士の時計が止まっていた!キプトンの悲劇
1891年4月19日、初めての速達郵便列車と知られているNo4が、湖岸ミシガン南方鉄道
を西から、オハイオ州キプトンへ向かって走っていました。一方、アコモデーション号の
機関士と車掌は、オバーリンのある小さな大学町のキプトンで郵便列車を先に通すよう
にとの指令を、クリーブランドから25マイル離れたエリリアで受けました。車掌は、
列車がエリリアを出発してからキプトンで郵便列車に衝突するまでの間、一度も
ポケットから時計を取り出して時間の確認をすることがなく、機関士が郵便列車に
注意を払っているものだと思っていたそうです。しかし、機関士が当日持っていた
時計はなんらかの理由で4分間止まっていたのです。
エリリアとキプトンの間にはいくつかの駅がありましたが、機関士の時計が止まって
いた為、実際は3分しかないのに目的地まで7分あると勘違いをしてしまい列車をゆっくり
走らせていたのです。この時車掌自身も時計を確認していれば、この衝突事故を
避けられたのかもしれません。
その直後、アコモデーション号はフルスピードで走ってきた郵便列車とキプトンで衝突
し、大破しました。両列車の機関士が死亡し、9名の乗務員が大破炎上した郵便列車の
犠牲となって命を落としてしまったのです。
この事故を機に湖岸ミシガン南方鉄道は、ウェブスター・クレイ・ボールにこの路線の
全線にわたり「時間と時計」の状況を調査させ、それらを正確に運用するための
システムを開発するように要請しました。
ボールの時計検査システム
1891年、ボール氏は監督検査官に任命され、車掌、機関士など全員の時計を検査する
ように命じた「Circular#1」を発行しました。
しかしボール氏は1888年には早くも時計検査システムを考えており、それを裏付ける
資料も見つかっております。ボールの時計検査システムは鉄道で用いられる全ての
時計は有能な時計職人の検査を受けることとし、鉄道時計として認可する時計の
一覧を用意して鉄道員に選ばせたのです。その選んだ時は、2週間ごとにワシントンの
標準時との誤差を比較して、1週間で30秒以上の誤差を生じた時計は調整を受ける
必要がありました。また年2回、全ての時計に完全な検査を実施し、2週間ごとの
精度比較結果を時間管理局へと送り、どんな小さな誤差をも見逃さぬように
徹底的に調べられました。その他、時計の視認性、大きさ、ムーヴメントまで細かい
規定を決めておりました。
このボールの検査システムは「過酷な状況下でも正確な時を告げる」時計として今なお
鉄道時計のシステムとして受け継がれております。
自発行のマイクロ・ガスライト
ボールウォッチの特徴でもある自発光のマイクロ・ガスライトはスイスの革新的な
レーザー技術によって作られた新しいライトです。その明るさはトリチウムを基材に
用いた夜光塗料の100倍(日本仕様は70倍)にも達します。また10年以上にわたって
発光が持続します。
このマイクロ・ガスライトを認めたアメリカ軍は、ただちにガスライトを時計に採用する
ように要請しました。その結果、1991年以来ガスライトを装備した時計が30万個以上
製造され、正式な軍用時計として供給されることになりました。

※マイクロ・ガスライト配置図



■BALL WATCHについて
当店のBALL WATCHは並行輸入商品になります。
メーカー保証は2年間になり、BALL WATCHのメーカーHPにて登録する事で
メーカー保証が3年間になります。
※保証規定はメーカー規定に準じます。

保証期間後や保証対象外の修理の場合、実費修理費がかかります。
当店のBALL WATCHは、並行輸入品のため正規商品で受けられる修理割引がありません。
正規商品の修理と比べると、数千円から1万円前後修理料金が高くなります。

オーバーホールの目安。
3針自動巻き 通常価格 25,000円→会員価格 18,000円
クロノグラフ  通常価格 35,000円→会員価格 25,000円
ワールドタイムやGMT 通常価格 30,000円→会員価格 20,000円

当店でのご購入のBALL WATCHは通常価格になります。
修理、不具合内容により、料金は異なります。あくまでも目安です。

ご理解の上、ご購入お願いします。



在庫処分価格!ブラックDLCで耐傷性強化!
メーカー希望小売価格400,000円 (税込432,000 円)
価格
198,000円 (税込213,840 円)送料無料
1〜5日で発送予定。
残りあと2個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • ロッカー受取